FC2ブログ

お気楽日記 ( に )

気が向いたときに書き込む日記です

サクラの季節がやってきました。

このタイトルなら普通はサクラの写真をアップするところですが

オイラは違います。

タイトルとは全く無関係な 梨の花 です。

DSCN0440.jpg

DSCN0439.jpg

     曇り空の早朝の写真です。

サクラの花に似つかわしい動画を  こちら(クリックでジャンプします) でご覧下さい。


                                    ・

今日のお散歩

今日もとても天気が良く 富士山が見えていた。
  風はちょっと強そうですが・・・。

20190105

その富士山を見ながら、
『ダイヤモンド富士を狙っている人もいるんだろうな』とか
『初日の出を見るために登った人もいるんだろうな。』とか
『夏場にはサンダルや革靴で登っている人も居た様だけど流石にこの時期
にはそんな人は居ないだろうな』、
等とアホなことを考えながらお散歩をしていましたとさ。

かつてオイラが登ったときの富士山頂を思い出しながら富士山を眺めていた訳ですが、
各登山道を登りきった所が火口の外周で、外周は全て「山頂」・「頂上」
と呼ばれ、そこにたどり着けば登頂したことになる。
しかしその「山頂」は富士山の最高標高地点ではなく
「剣ヶ峰(けんがみね)」と言う山が最高峰で、日本の最高標高地点3,776 mと言うことになるそうです。
そこは、各登山道頂上からさらに歩く必要があり、お鉢巡り(おはちめぐり)コースで数十分かかる。
       (お鉢巡り一周の所要時間:1時間30分~2時間程度)
そのコースは柵などは無く 崖ですから、荒天の時等は危険極まりないダス。

20190104



また、ダイヤモンド富士を狙うにも、オイラの様にあまりその機会に会えない人は
富士山頂の中央に太陽が来れば最高と思ってしまうのですが
撮り慣れた人に言わせると『富士山頂は剣ヶ峯だからその上に行かなければだめ!』として、そこを狙っている人も居るようです。


                                      ・

謹賀新年

昨年は暮れの挨拶もしないうちに今年になってしまいました。

で、今朝早く起き、太陽さんが出るところを見てきました。

この動画の背景画像がそれです。



富士山も綺麗に見えていたので撮って来ました。

mt 富士

冬型の気候とのことで とても天気が良いのは良いのですが 寒さが身にしみます~。。


                                  ・

鎌北湖 紅葉


今朝目覚めたらちょっと寒いと感じられる朝でお日様が良い感じで照っていた。

『 これは出かけるしかない 』と云うことで、久々に鎌北湖の紅葉を見に行くことにした。

その途中で見かけた富士山です

20181101.jpg

鎌北湖に到着して この地で撮る一枚目は 定点ショット状態のこの場所からの写真です。

20181102.jpg

ちょっと奥に進んでみると

20181103.jpg

20181104.jpg

20181105.jpg

すっかり秋が深まり 朝はとても寒いと感じられ、かじかみそうな指先に 季節の変わり目を感じてきた。。

そんな中で まだまだ元気な花があったので撮ってみた。

20181106.jpg

20181107.jpg


                                     ・

今日は天気が良かったので丘の上に向かってみました。 丘の上では麓よりも涼しいかと思っていたが日差しも強く あまり変わらなかった。

       長い表題だけど、表示仕切れるのかな?

今日は天気が良かったので丘の上に向かってみました。


しばらく朝は肌寒く日中も寒いと云うほどではなく

過ごしやすい日が続いていたが今日は朝から暑く、

 丘に登れば麓よりも涼しいかと思い、向かってみたが

日差しも強くあまり変わらなかった。



真っ青な空とそこに浮かぶ邪魔くさい白い雲、

そこに行くまでズ~ッと上り坂で 木陰を走っているときは

木立の間を縫って流れてくる風がとても心地よくつい窓を開けて走っていた。

その道は先日の台風24号のせいか、沢山の枝が折れたり、

小枝や木の葉などが落ちていて、ちょっと危ない道になって居た。



その道を、トレッキングの初老のご夫婦らしき人たちや、

一人歩きの女性も居られたり、自転車で一所懸命登る人も居たりと、

天気の良い休日らしい様子だった。



その時の様子はこちらで見られます。

 https://www.youtube.com/watch?v=ySKdZrKPTWY(クリックでジャンプします)


                                ・
次のページ

FC2Ad