FC2ブログ

お気楽日記 ( に )

気が向いたときに書き込む日記です

天覧山

“山”と言う名前は付いていても海抜194.6mの丘のような山です。

この山は将軍家(徳川5代将軍 綱吉)に縁のある山らしく

将軍家より寄贈されたという十六羅漢像などが岩面に

祭られていた。

その十六羅漢像と呼ばれる二十数体の石仏(数がちょっと変?)

を右手に見ながら岩場を登っていくと

頂上には立派な南向きの展望台があり、街を一望出来る。
彼方には副都心のビル群も霞んでは居るモノのかろうじて見えた。
(日本一の霊峰、富士山には初雪が降ったと聞くが雲に隠れて確認不能でした。)
その展望台には大勢の人がおり、バードウオッチングをしていた。
一人の人が『あそこに“トビ”が居るよ。』と指さすとみんながそっちの方を見て
『あそこだ、あそこだ!!』と指を差すという何とも滑稽な眺めであった。
次のページ