FC2ブログ

お気楽日記 ( に )

気が向いたときに書き込む日記です

台風19号が去って

台風19号の後、コメントやメールで安否を気遣ってくださった方、

有り難うございました。

甲信越地方、関東地方、東北地方などで多くの被害を出した台風19号、

去ってから1週間を過ぎた今も復旧されていないところも多く存在している。

我が町も金曜日(10月11日)の夕方から雨が強めに降り始め、

翌朝(12日)になっても全くやむ気配もなく降り続けていた。

12日昼過ぎに携帯から警戒レベル3の警報が聞こえ、

「体の不自由な方は避難をするように」との警報が流れた。

その後、2時間ほどが経ち、再び携帯が避難指示を伝えた。

今度は警戒レベル4と言うことで我が家も、一応避難しようかと云うことで、

避難所に向かった。

避難所の小学校に着いたのがPM 3時半頃だっただろうか。

空は厚い雲に覆われ強い雨が降り続け、午後3時頃というのにとても暗い一日だった。

我々が避難所(小学校)に入ったその後からも続々と多くの人がやってきて、

あっという間に体育館は一杯になり、教室も使うほど。

その後も携帯は警報を知らせる警報音が頻繁に鳴っていた。

夜7時頃伊豆の方に上陸した台風はわが町に2時間ほどで到着したらしく

風が一層強くなった。(PM 9時頃)

ラジオを聴きながらも風の音に耳を奪われ、とても長く感じられる時間を過ごした。

やがて日は変わり0時を過ぎた頃(13日)台風は関東地方の北の方に移動したと知らされ

外を見ると雨も弱まっていた。

と、間もなく我々の隣に避難していた一家が帰宅しますと挨拶をして帰って行った。

1時半頃になり生暖かい風は少々あるモノの雨はすっかりやんでいることを確認し、

我が家も帰宅することとした。

 ・・・・・・・

陽が昇り明るくなって我が家の周辺を確認したが

特に被害も無く台風19号を行き過ごさせたらしいことにほっとした。

しかし、街外れの地盤の低いところでは川が氾濫し、浸水騒ぎになっていた。

201901019a.jpg

   雨が溜まっているのにいつもの道のように 歩き続けてるおじさんたち。

   オイラは水際ギリギリで撮影してました。

      ※ 看板の文字は消させて戴きました。

   遠くに見える背の高い山は富士山ですが 台風の風に雲たちが吹き飛ばされたらしく
   この日は珍しく見えていた。

まだまだ復旧されていない地域の方々、お見舞い申し上げます。

また亡くなられた方に対しましては心からご冥福をお祈りいたします。